経営とは時流を読むこと

PR|相続トラブルは信頼のこちら|こだわりの平屋を建てるなら|

企業の経営において最も重要な事は時流つまり、世の中の流れを読む事です。

現在、日本は経済が停滞し、先行きが不安視されている状態です。復興需要による一時的な上昇気流はあるものの、

サブプライムローン問題、リーマンショック、尖閣諸島による中国との衝突などこれからの世の中の

流れについては不安を持たざるを得ません、

そうした中で、企業は販促をしていくにはしっかりとした時流を読むことが不可欠なのです。

この時流を理解する為には

その商品やビジネスのライフサイクルを知っておかなければなりません。

よくライフサイクルは4つの時期に分かれるとされています。

導入期

まずは導入する初期の段階。徐々に普及するにつれてマーケットは成長していきます。

どの企業や商品やサービスも通る時期ですが、大半がここで潰えていきます。

成長期

マーケットは猛スピードで拡大していき需要が拡大していく。

つまり売る側も買う側もイケイケドンドンです。

展開期

需要と供給が逆転し、供給過剰が発生していく時期です。

安定期

競争はあるものの需要は安定する。

こうしたトレンドを抑える事からまずは始まります。

ステージによってマーケティングのやり方は違うという事です。

経営者はこうした時流をしっかりと読みながら戦略立案をしていかなければならないのです。

中小企業経営コンサルティングのご相談はGICP

 

PR|WEBマーケティングならGICP|自由が丘のシュエット|内職 アルバイト|自動車部品のメッキ|お宝相互リンク|スマホアフィリエイト|サプリメントの選び方|ショッピングカート|フリーソフト|童話の世界|seo対策|pagerankexplore|童話|seo リンク 無料|相互リンク募集|留学に恋して|

コメントする