バランスシートの各項目について

会社の経営分析を行う上では、財政状態を知らなくてはなりません。それを示す資料が、事業年度末の財政状態を示す賃借対照表(バランスシート)です。この中で資金の運用状態を表すのが資産の部、調達状態を表すのが負債の部(他人資本)と資本の部(自己資本)です。

資産の部は流動資産(現金及び預金、売掛金、受取手形、商品、製品、原材料、仕掛品など)、有形固定資産(建物、機械装置、土地など)と無形固定資産(特許権、電話加入権など)と投資その他の資産(有価証券、長期貸付金など)とから成る固定資産、繰延資産(新株発行費、社債発行費、社債発行差金など)からなります。

負債の部は流動負債(買掛金、支払手形、短期借入金など)と固定負債(長期借入金、退職給与引当金など)からなります。

資本の部は資本金、資本準備金、利益準備金、その他の剰余金に分けられます。

これらの数値を調べることによって、会社が資金をどのように調達しどのように運用しているのかを知ることができます。

PR|  自然素材でこだわりの家作り