経営分析の手法はどんなものがあるか

会社の経営分析の手法には大きく二つの方法が一般的なものとして知られています。一つが比率分析で、もう一つが実数分析です。それぞれの方法に一長一短があるため、目的に応じて使い分ける必要があります。

比率分析には相互比率分析、構成比率分析、趨勢分析などの手法があります。

相互比率分析は財務諸表のそれぞれの項目間の相対値を使った分析です。たとえば賃借対照表項目相互間の相互比率として流動比率や固定比率が、賃借対照表と損益計算書相互間の相互比率として使用総資本経常利益率があります。構成比率は、賃借対照表または損益計算書全体に占める比率を示す比率です。例として自己資本比率や売上高経常利益率があります。趨勢分析は、財務諸表の数字を数期間にわたって比較し、ある年度の比率を基準として各年度の数値を指数で示します。

実数分析は実数そのものを分析対象とするもので、代表的なものに2期間の比較賃借対照表、比較損益計算書による増減分析があります。

経営分析ならこちらのコンサルタントがお勧めです。