皆さんは、「好意同乗者」という言葉の意味をご存知でしょうか。簡単に説明すると、「友人の車に乗せてもらった人(利益が伴う)」と思っていただければ幸いです。

ここでひとつ覚えてもらいたいのは、乗せてもらって事故にあってしまっても、運転者は同乗者に対して損害を支払う可能性があります。

しかし、好意同乗者の所有者に対する賠償請求はかなりの範囲で減額されるのが普通である。そこで過失相殺も適用されることがあるので、類推適用が認められるため、減額されることもあります。

今回は、短いお話になりましたが、このような同乗者に関する事故が増えていますので気を付けて車は運転するようにしましょう。

最後に補足として、お酒が入っている運転手を知っていて運転させてしまうと、同乗者も罪になってしまうので注意が必要となってきます。

運転は、安全かつ慎重に事故がないようにして楽しい日々を過ごしていけたらいいなと思います。今回は以上になります。

 

ビジネスに強い英会話教室は【REVO】