人とのつながりが財産〜介護ステーションの経営

用者のニーズを的確に把握し、それに見合う人の配置、いかに少ない人員で能率よく行うかです。

訪問介護では、利用者の自宅に行くことになります。

あまり活動範囲を広くすると、ヘルパーの移動に時間がかかり、

移動の経費ばかりがかかるようになります。

一時間の活動をするのに、片道一時間近くかかるようではいけません。

事務所を拠点に30分ぐらいが目安でしょう。

また、利用者宅から、次の利用者宅に行くのにも配慮が必要です。

ここも何十分もかかるようでは効率が良くありません。

一度行った場所から、事務所に戻ってくるように経路を組むと効率がいいです。

もしくは、その逆です。

介護保険や地域支援制度は、まだできたばかりの制度ですので、

国も実施をしながら、制度を見直していっている点が多々あります。

利用者には、お金を出して頼んでいると言う感覚があります。

一方、事業者は、介護保険や地域支援事業の制度の範囲でしかサービスの提供ができません。

この制度の範囲内で作成された、ケアプランや役所のプランで、サービスの提供を行います。

しかし、中には「何でもしてもらえる」と勘違いをして、

ここで、ヘルパーと、利用者が、トラブルになることがあるのです。

PR| 新潟県で土地選び