自分のための起業

高校を卒業してから、何社か渡り歩いたものの、「これ!」といった会社に出会えたのは1社のみで、その会社以外はどんなに頑張っても会社の駒としかみられることばかりでした。
勿論それなりの責任ある業務に携わり、それなりの地位を得ることもありました。
上司や社長から心暖まる言葉も戴いたりもしました。
しかし、なんでしょう…
力を持ちすぎると恐怖が襲うのか?態度を急変させる上の人間が多く、最後には駒扱いに。
こちらは会社を乗っ取ろうとか、自分の意見を100%通そう等と思ってもいないのに…
そんな下らない事に巻き込まれるのに嫌気がさして、どこかに属するのをやめました。
正直な話、独立したくて起業したり、何か目標があって起業したのではありません。
私の場合、全ては自分のための起業です。