コストを下げて利益を上げるには

経営の中では、コストを下げて儲けを上げるという利益の上げ方もあります。コストを下げるにはたくさんのパターンがありますが、代表的なのは「大量の部品や原料を調達し生産を行うことでコストを下げる方法」「付加価値を減らしてコストを下げる方法」「生産システムを変えてコストを下げる方法」の3つがあります。
調達コストの見直しは最も基本的なコスト削減方法といえます。生産性が2倍になるのならば、それにつれてコストは15〜10%程度下げられるといわれています。これは数がまとまるにつれて調達コストが下がることや、時間当たりの生産量が増加することが関係し、このことを「規模の利益」といいます。
は、提供する価値を徹底的に絞って、コストを減らしつつも新たな付加価値を加えるなどで、これを「ブルーオーシャン戦略」といいます。
たとえば工場を人件費の低く済む場所に設定するなどで、代表格としてユニクロのシステムを挙げることができます。

コメントする