スマートアグリの経営について

みなさんは、スマートアグリってご存知ですか?

オランダは日本より国土面積が狭いながらも農業生産量はアメリカについて2位という立場に立っています。これを可能にしているのがスマートアグリによるコンピューターによる農業管理です。現在日本では高齢化に伴い、農業生産力が低下している問題を抱えています。オランダでは人の代わりにコンピューターが農産物を管理する事で安価でかつ安定して農作物を作る事を起こっています。主に温度、湿度、栄養素、光の度合いなど農作物を育てるのに欠かせない要素を全て人工的に調節する技術が備わっている為、自然に育てる多く、かつおいしく作る事が可能になっています。
また国土面積が狭いのに多くの野菜を作る事が出来るのは、高く育てられる形になっている事です。通常トマトや野菜など人の手の届く1,2メートル前後で育てるのが一般的だと思います。しかし機械による自動化に伴い、オランダでは6メートル以上の高さまで農作物を伸ばし栽培する事を可能にしています。
日本でも自給率の低さをカバーする為、このスマートアグリの導入を推進していますが、日本はオランダとは違い、台風や自然災害などの問題を抱えています。その為、オランダのように大規模展開にすれば、災害で栽培できない状態になり、かつ自然災害に打ち勝つ施設にすればそれだけ膨大なコストがかかり、農業者の初期投資が膨大になります。故にオランダに負けない栽培環境をどのように構築するのか、それが課題になります。

コメントする